スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【遠野物語】寒戸の婆

むかし岩手県上閉伊郡松崎村(現在の遠野市松崎町)の登戸(ノボト)というところで、若い娘が梨の木の下に草履を残して行方知れずとなった。
捜索の甲斐もなく、娘は神隠しにあったのだろうと言われた。

30年ほど経ったある晩。
娘の家に親戚や知人たちが集って宴を開いた時のこと。

そこに一人の老いさばらえた女が訪ねてきた。
なんとその女は自分は30年前に失踪した娘だと名乗ったのだ。

一同、驚愕。
老女は「みんなに会いたくなって帰ってきた。でももう行かなきゃ」と行ってすぐに立ち去ったのだそうな。
何の痕跡も残さず。

その日は風の烈しい日だった。
そのため遠野の人々は風の強い日には「今日は寒戸の婆が帰ってきそうな日だ」というのだそうな。

IMG_4104.jpg

IMG_4105.jpg

IMG_4106.jpg



『遠野物語』の著者柳田邦男は、この話の伝わる地名を「寒戸(サムト)」と書き残しているが実際にはそのような場所はなく、
おそらく登戸のことであろうと言われている。

このエピソードを柳田に伝えた佐々木喜善の集めた話には類話があり、婆はその後も毎年やってきてそのたびに暴風雨を伴うので婆が村に入ってこれないように境界に石塔を建てて結界を張って撃退したというなんとも寂しい話も伝わっている。


しかしこの話、あのヒモロギ先生が書かれているからこのブログで紹介する意義ないんだけど遠野物語でも好きな話なのでポストする。

寒戸の婆|ヒモロギ|note



関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 昔話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
112位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。