スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

ギリシャ神話③ イカロス

ダイダロスという凄腕の発明家がいた。
彼は、その技術を買われてミノス王のもとで厚遇されていた。だがある時、王妃から強引に頼まれて、不倫を助ける発明品を作ってしまった。
そのせいで王の怒りを買い、息子のイカロスと共に迷宮ラビリンスに閉じ込められたのだった。

ラビリンスとは、ミノタロウスという人喰いの化け物が出る有名な迷宮だ。
しかし絶体絶命のピンチでも流石は発明家。鳥の羽をローソクの蝋で固めて翼を作ってしまう。確かに凄腕だ。
この翼を使って父子はラビリンスからの脱出を図る。

Landon-IcarusandDaedalus.jpg
イカロスとダイダロス(背中に装着とな!?腕じゃねーのかよ)

飛び立つ前に父は息子に一つ注意する。
「いいか?あんまり高くは飛ぶなよ。太陽に近づき過ぎると熱で蝋が溶けてしまうんだ」
イカロスは「はーい」と返事だけは良かったが、いざ飛んでみると気持ちよくてそんな忠告は忘れてしまった。

力いっぱい羽ばたいて、ぐんぐん上昇するイカロス。これはヤバいとダイダロスが気づいた時にはもう遅かった。
太陽の熱によって羽を固めていた蝋が溶けて翼はバラバラになり、哀れイカロスは真っ逆さまに海へ落ちて命を失ってしまった。
ドラえもんの道具で調子に乗って最後は失敗するのび太のような話である。
てか実は高度が上になるほど気温は下がるんだけど、神話だからそこはスルーしてやろうぜ。

stor_bild_Momper_Ikaros_fall_0731_b500_web_72p.jpg


この伝説をもとに作られた童謡が、NHKの「みんなのうた」で昔流れていたので知っている人も多いと思う。
つーかガキの頃、この曲が怖くてうんこ漏らしたんだが。


「勇気一つを友にして」 作詞:片岡輝 作曲:越部信義


参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 神話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
164位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。