スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【グリム童話】子どもたちが屠殺ごっこをした話【削除された話】



フリースランド(現在のオランダ)のフラネッカーという街で起きた事件。

5、6歳の子供たちが屠殺ごっこをしようとしました。
ある男の子は肉屋の役に、
別の男の子は豚の役に、
ある女の子は料理番の役に、
別の女の子は料理番の下働きの役になりました。

肉屋の役の子が、豚の役の子の喉をナイフで掻き切り、
料理番の下働きの役の子が溢れ出す血を小皿で受けました。

そこへ市参事会(中世都市の議会)の議員さんが通りかかって、
この惨事を目の当たりにしてびっくり仰天。

肉屋の役の子は議会に連れていかれ、然るべき処置を受けることになりました。
しかし年端のいかない子供のしたこと。
大人たちはどうしたものか頭を抱えました。

議員の中に一人の賢い老人が居てこう提案しました。
「男の子にリンゴとグルデン金貨を見せて一方を選ばせよう。
リンゴを選んだなら無罪放免。金貨を選んだなら分別がついたはずなので死刑にしよう」

男の子は笑いながらリンゴを選び何の罰も受けずに済みました。

Fiorino_1347.jpg
フローリン金貨(Wikipediaより引用)





ある男の子が、パパが豚を屠殺するのを真似して弟の喉をナイフで刺しました。
その時ママはまだ赤ちゃんの末っ子をお風呂に入れていましたが、
悲鳴が聞こえたので慌てて駆け寄ってきました。
弟が殺されたのを見てママは激怒し、男の子のナイフを奪って心臓を刺し貫きました。
そして赤ちゃんをお風呂に入れたままだったのを思い出して風呂に戻ったら、赤ちゃんは既に溺死していました。
ママは絶望して首を吊りました。

それからパパが帰宅しましたが、みんな死んでるのを見て発狂し、間もなく死にました。
一家は全滅しましたとさ。


あまりに悲惨すぎたので初版にしか載っていないお蔵入りストーリー。

Ⅰの話は地名も具体的だし実話くさいなw
日本にも井原西鶴の『善悪二つの取物』という類話がある。
いずれこちらも紹介したい。

Ⅱも非常に陰惨な話ではあるがその反面、人生オワタ\(^0^)/的な疾走感と爽快感があるなあ。

子供ってこういう話好きだよねwひなまつりの替え歌とかw


  


<参考資料>



フリー百科事典Wikipedia


<関連記事>

【江戸文学】善悪二つの取物【子どもたちが屠殺ごっこをした話類話】

【グリム童話】コルベスさま【猿蟹合戦類話】

【グリム童話】トゥルーデおばさん【グレートマザー】
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 昔話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
144位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。