スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【日本古典】竹取物語②【かぐや姫】

<前記事>
竹取物語①


前記事でかぐや姫から無理難題を課されてしまった五人の貴公子たち。
彼らはどうなってしまうのか!?

これから一人ずつ紹介していきたい。


【挑戦者】
石作(いしつくり)の皇子

【依頼品】
仏の御石
ガウタマ・シッダールタが使った食器。たぶんインドにあるかも知れないぞ。

【挑戦者のモデル】
五人の貴公子たちは実在の人物をモデルにしているといわれている。
石作の皇子の元ネタは多治比嶋(624年~701年)という人物が有力視されている。
彼は『万葉集』の歌人柿本人麻呂を援助した人物説があり、また当時としては異例の長寿を称えて天皇から「霊寿の杖」ってアイテムを贈られているぞ。


石作の皇子は考えた。
どうやってインドまで行こうと。

当時は海を渡って朝鮮や中国に行くのも命がけの時代。
ましてやインドなど生きてたどり着くことは不可能に近い。

だから偽物を準備するお!

皇子は、かぐや姫には「天竺(インド)行ってくるニキーw」と伝えて、いずこかに潜伏する。
潜伏中に大和の国(現在の奈良県)の十市の郡の山寺に行き、そこにあった賓頭廬(びんずる、シャカの弟子)の像の前の真っ黒にすすけた鉢を拾って来て、これを伝説のアイテムっぽくラッピングした。

3年が経ち、皇子はかぐや姫の元を訪れて偽物の「仏の御石」を差し出した。
鉢の中には「探すの大変だったニキーwww」とかなんとか書かれた歌も入れるという歌人ぶり。

しかしかぐや姫は差し出された「仏の御石」が偽物であることを見抜く!
「本物なら光ってるはずなんだけどなー。インドじゃなくて大和の国の山で変なもの拾ってきたのね」と突き返したのだった。
最初からそのヒント教えてやれwてかなんで拾ったとこまで分かるんだw

皇子は仕方なく返された鉢を翁の屋敷の門で捨てるが、それでもかぐや姫を諦めきれない。
引き続き歌を贈って口説きだす。

このことから見苦しい行為を「恥(鉢)を捨てる」と言うのだそうだ。
まあこれは著者のギャグだと思うので真に受けないようにw
民明書房的なネタとしてこの後もちょいちょい出てきます。


では残りの四人はどうなったのだろうか。
続きはまた次回!


ちなみに賓頭盧は釈迦の直弟子で、本名はビンドラ・バラダージャという。
無茶苦茶議論に強くて獅子吼第一というかっこいい称号を持っている。

日本では賓頭盧の像をなでると病気が治ると「おびんづるさま」と呼ばれて親しまれている。

250px-Mitsutera_Obinzuru1.jpg
大阪府三津寺のおびんづる像(Wikipediaより引用)



  

〈参考資料〉
  

フリー百科事典Wikipedia

桔梗屋旅館

〈関連記事〉
【日本古典】竹取物語①【かぐや姫】

【日本古典】竹取物語③【かぐや姫】

【日本古典】竹取物語④【かぐや姫】

【日本古典】竹取物語⑤【かぐや姫】

【日本古典】竹取物語⑥【かぐや姫】
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 昔話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
112位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。