スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

旅行先で身近な人に会う確率は意外と高い

出張先の東京で、帰りの飛行機に乗ろうとしていたら、フリーター時代のバイト先の元同僚の松下さんにばったり出くわした。
彼女は今は結婚していて、その日はたまたまディズニーランドに行くために来ていたのだという。

こんなところで会うとはたまげたが、果たしてそこまで驚くことなのかどうか計算してみて確率を求めることにする。


日本の人口は約1億2千万人。これからすれ違う一人が松下さんである確率は1億2千万分の1と恐ろしく低い。
けれども私は東京滞在中にずいぶんたくさんの人と会ったり、見たり、すれ違ったりした。おそらく1000人くらいはいたに違いない。
その1000人の一人がたまたま松下さんであっただけだ。これだと1億2千万分の1千なので通分して12万分の1になる。

それから私にはこれまでの人生で関わってきた人は松下さん一人ではなく、小中高大の同級生や先輩後輩恩師やら近所の人やら、おそらく2000人以上はいると思う。
その中の誰と偶然再会してもびっくらこいただろう。
これで確率はさらに2000倍になって12万分の2千、つまり60分の1になる。

あれ?あんまり大した確率じゃなくね?
よくあることじゃね?なんだ驚いて損した。
てか作り話です。


かなり乱暴な計算してるから全然正確じゃないけど大雑把に言うと、
長い人生でたまたま旅行先で知り合いに会うことは珍しいことじゃないっぽいみたいです。

偶然の持つ神秘性を、無残に剥ぎ取っちまう数学さんパネェっす。



〈参考資料〉
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【旅行先で身近な人に会】

出張先の東京で、帰りの飛行機に乗ろうとしていたら、フリーター時代のバイト先の元同僚の松下さんにばっ

コメントの投稿

非公開コメント

昔から言われてる事

世間は広いようで狭いと言う事。

No title

せもうござる。
管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
151位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。