スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

一将功成りて万骨枯る

中国の唐代末期の詩人、曹松の「己亥歳」の一節。
一握りの指導者の栄光の影には、大勢の下っぱの犠牲があるという意味。

全文を見てみよう。

沢国の江山 戦図に入る。
生民なんの計あってか 樵魚を楽しまん。
君にたのむ 語るなかれ封侯のこと。
一将功成りて 万骨枯る。 (「己亥歳詩」)


<意訳>
沢国(江南)の河も山も戦争に巻き込まれた。
庶民の生活は破壊されてしまった。
頼むから出世栄達を果たした連中の話題は辞めてくれ。
彼らの成功の影には幾多の名もなき人々の死があるのだから



世界史の1ページに繁栄の足跡を遺した唐王朝も、中国歴代王朝のご多分に漏れず反乱祭りの中で滅び去った。
各地で起こる反乱を鎮圧する役目を負った官軍の将軍達の中には、国や民のために戦うのではなく自身の出世のためと捉える者も多く居たという。
曹松はそうした者たちを非難し、国のために殉じた名も無きの兵卒たちを悼んでこの詩を詠んだのだろう。


ivor1944wau.jpg


我々は世界史上の名将や英雄にばかりに注目しがちだ。
過去に確かに生きていた無名の人々にも、たまには想いを馳せてみようぜ。





〈参考資料〉

関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
144位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。