スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

ラプラスの悪魔

最近の当ブログは世界の妖怪図鑑みたいになってる上に、この記事のタイトルもそれっぽいですが、今日は珍しく科学の話です。


未来予測ってどう思う?天気予報は外れることもあるけど、いつかもっと科学が進歩すれば100%完璧に当たるようになると思ってた。
今日はそんな話。


宇宙は物質で出来ている。植物も動物も家も学校も野球場も。山も海も大気も地球も。もちろん人も。
物質である以上それは分子で構成されており、もっと細かく見れば原子でつくられている。
この恐ろしく複雑な世界は実はたったの113種類の原子の組み合わせでしかないのだ。(これからも未知の原子が発見される可能性はある)

「いやいや、人間には魂というものがあるじゃないか」という反論もあるかも知れないが、それについてはここでは無いと仮定する。人の感情や記憶や意思というものは、分子や原子の状態によって生じるものとする。

以上の仮定を踏まえて考えると、ちょうどこの宇宙はビリヤード台のようなものだ。
ボールひとつひとつは原子であり、そこから形作られるのは太陽だったり、地球だったり、あなた自身である。

contact-greenleaf-billiards1.jpg

このビリヤードのボールは物理法則に従って動く。棒で突かれれば力が加わった方向に力に比例する速度で進むし、壁にぶつかれば跳ね返る。ほかのボールに当たって互いに影響を受けたりもする。
もしこのビリヤード台のすべてのボールの正確な位置と速度と向きが完璧に分かれば、10秒後に台がどんな状態になっているか計算できるはずだ。

download-backspin-billiards-screenshot.jpg

10秒後だけでなく、24時間後も100年後も同じだ。現在の正確なデータさえ分かれば未来のビリヤード台の状況を知ることができるのだ。
当然ボールの数が増えても計算がより複雑になるだけで結局は同じことである。

つまり宇宙はこのビリヤード台が超複雑になっただけなんだ。上記の議論がもし正しければ、「現在」という時点において既に「未来」は定まっているということになる。

昔の科学者はそう考えていた。



フランス革命期のフランスの科学者ラプラスは、全宇宙に存在するすべての原子の位置と運動を把握している生き物を空想した。その生き物はこれから起こるあらゆる事象をもう既に知っているということになる。
このある意味神のような生き物は発案者の名を取って「ラプラスの悪魔」と呼ばれた。

ラプラスの悪魔は俺がこんな時間まで夜更かししてることや、昨日食べたものはもちろん、明日の朝寝坊することだって全てお見通しなのだ。

試験やレースの結果も始まる前から決まってしまっていることになる。
「そんなの最初っから決められてたまるか。努力次第で結果は変わるんだよ」と思う人もいるだろうが、あなたが今そう思うこともラプラスの悪魔はずっと前から了解済みである。


このラプラスの悪魔、つまり因果律はそうとう堅牢な論理だ。運命が最初から決まっているというのは俺はすごく嫌なんだけど、古典物理学の枠組みで考えると認めざるを得ない。この理論の誕生以来、人間は因果律の呪縛に囚われてしまったのだった。



しかし20世紀に入り、量子力学が発達すると事態は急転する。

量子力学の研究によって、「原子の位置と運動を同時に観測することは不可能」ということが判明したのだ。
位置を確認するとどういう動きをしているのかは分からなくなり、運動を観測すると位置がどこなのか分からなくなるそうだ。
なぜそうなるのかはまたいつか記事を改めて紹介したい。
これを「不確定性原理」という。

「不確定性原理」はラプラスの悪魔を殺した。位置と運動を同時に知ることは絶対にできないのだから。
のみならず、不確定性原理はニュートン以来の古典物理学をひっくり返す大発見となった。

とはいってもおかげで「何もかも既に決定している世界」から「確かなことは何もない、先のことはまったく分からないカオスな世界」になってしまったのだから諸刃の刃とも言える。



てかラプラスの悪魔で検索したら同名の同人ゲームが出てきたんだけど、そのキャッチコピーがかっこいい。

ラプラスの悪魔はいない。
未来は決定されていない。
だから、私たちには、
決断する自由が与えられている。
──たとえその決断で 
明日を失ったとしても。


だって。


あと女神転生に「ラプラスの魔」っていう解析済みのモンスターの能力を下げるスキルが登場したお。





参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

知らなくても生きていける雑学がならぶブログ

都筑卓司著『不確定性原理』講談社
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

げそタソこんばんは。(・∀・)
ラプラスの悪魔がいなくて救われる人もいれば、なぜか救われない人も・・・(・∀・;)
PC-8801mkIISR ゲームリバイバルコレクションにPC88版の女神転生が収録されてるらしいです。激しく欲しいです。

コンゴトモヨロシク・・・

No title

>>バキュタソ

お越しいただきありがとうございます^^
これは…女神転生以外全部知らないタイトルばっかりで、自分の無知さが恥ずかしいw
昔のゲームに教養として触れてみたいと思っていたのでちょうどいいソフトです。

実はメガテンは最近のしかやったことがないんだけど、バキュタソは初代からやってるんですかね?

No title

げそタソお邪魔します。(・∀・)
メガテンシリーズはFC版の初代とSFCの真メガテンしかやってないっす。(・∀・;)
初代も、FCと88版だと違うっぽいので、88版を遊んでみたいです。

88リバイバルコレクションに収録されているゲームは、結構いい感じに遊べるっぽいですよ。
それ以前の世代のPCゲームだと、難易度が理不尽すぎるらしいですよ。(・∀・;;)
そんな中、誰にでもクリアできるようRPGとして発売されて大ヒットしたのが、日本ファルコムのイースなんだとか。。

げそタソお勧めのゲームを是非教えてくださいね!(・∀・)

No title

>>バキュタソ

たくさんのコメントありがとうございます^^過疎ブログなのでこれはありがたいですw

なるほど。僕はDS版と真3とペルソナを少々で、同じタイトルとは言えど大分認識が異なりますね。

難易度が比較的低くなっっても実は超ヌルゲーマーの僕が果たしてクリアできるのだろうか…w
というかそれ以前のゲームはどんだけ難しかったんですか…
イースはネット界隈でもよく聞くタイトルですね。今も続編が出続けているので手を出してみようかと思います。
あと最近知ったラストハルマゲドンなる謎のゲームが非常に気になります。


オススメですか…バキュタソならプレイしたことはなくとも絶対名前は知ってるであろう『太閤立志伝5』が好きです。宣伝不足で不幸にも埋もれてしまいましたが、とても夢のあるゲームだったなと思います。福岡市内の薬院にある某ゲーム会社の選考で、好きなゲームを問われた際にはこれを挙げましたw

これからシヴィライゼーションやトータルウォーシリーズやParadox社の歴史ゲー辺りにどっぷり漬かるつもりです。
あ、あと光栄のMMOもやってますw

No title

こんばんはー寒いですねー。(・∀・)
ラストハルマゲドン懐かしいですねー。PCエンジン版で遊んだ記憶があります。
太閤立志伝も遊んでましたよー。(・∀・)
げそタソの戦略戦術論をお聞きしたいっす。
トータルウォーシリーズはUSかUKのamazonだと結構安いですね。
対戦も出来るようなので是非げそタソと対戦してみたいです。(・∀・)

寒いですなあ。そちらの方は内陸部なのでさらに冷え込みそうですね。
お互い風邪には注意しましょうw

ラストハルマゲドンプレイ済みでしたかwさすがです。
戦闘開始前の「エモノがいたぜ!」ってメッセージがつぼです。通常のRPGと違って襲われてるんじゃなくて襲いかかってるw

太閤もですか。自分は2~5をプレイしました。バキュタソはやっぱり1、2辺りかな。
個人的に5がベスト、時点で2が面白いと思います。3はゲーム的には微妙でしたがちょっと手を加えれば化けそうです。

戦略戦術論かあ…いくら本を読んでも未だに戦争というものがよく分からないんですよ;
幸い体験した事がないからなのか…
歴史上で名将とされる人物の一体どの辺りが具体的に優れているのかなどがいまいちつかめません。
語れるほどの知識を身につけたいものです。


対戦ですかw下手くそですが是非お手合わせよろしくです!
管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
137位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。