スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

哲学的ゾンビ

皆さんはこういう事を考えた事はないだろうか?
「自分以外の人間は心が無いんじゃないのか」って。心を意識とか人格とかに置き換えてもいい。

私は幼い頃よく考えていた。「この世界に心(あるいは意識・人格)を持った人間は僕だけじゃないのか」と不安になったりした。

後に、手塚治虫や藤子F不二雄の漫画に似たような考えの漫画があるのを発見して嬉しかった。
同じような事を考えた事がある人は多いと思う。今回はその話をしたい。


ネコやイヌには心はあるのだろうか?あるという証拠はないが私はあると思う。
だって彼らは喜んだり悲しんだりしてみせるから。感情がないとは思えない。

じゃあトカゲやカエルや魚は?どうなんだろう。感情はあまり読み取れないが、あるんじゃないんだろうか。

虫はどうだろうか?この辺りは無さそうに感じてしまう。何か機械っぽい。プログラム通りに動くロボットに見える時がある。

ではロボットといえばドラえもんは?

bokusatsu.jpg

喜怒哀楽が激しいので感情があるとしか思えない。あるとして受け取るのが普通なはずだ。
だがちょっと待ってほしい。やつはロボットだ。はたして機械は感情を持ちうるのか。
21世紀の科学力だから感情を持ったロボットがいてもいいのかも知れない。
個人的にはあって欲しいと思う。

実は以上の心が有るか無いかの議論はナンセンスなことなのだ。
過去記事のクオリアを参照していただきたい。
我々は同じ人間ですら、相手がどう感じているのか分からないのだ。

人は痛みを知覚したり、喜びを表現したりできる。脳を調べれば痛みを知覚する仕組みや喜びを表現する仕組みが分かる。
しかしいくら脳を分解してみても、その「痛み」や「喜び」というクオリアは出てこないのだ。

感情を持たなくても脳は精巧なコンピューターなのだから、痛みを感じるしぐさや喜びをあらわすしぐさができる。本当は感情なんかなくてただ機械的に反応を示しているだけかも知れない。

このように外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、内面的な経験(クオリア)を全く持っていない人間を哲学的ゾンビという。
もちろん本当にそういう人間がいるってわけじゃなくて、たとえ話である。

もしかしたら私たちは感情のないゾンビたちを相手に恋をしたり、喧嘩をしたりしているのかも。


したがって、ロボットや動物に心があるかないかを論じても仕方がない。人間同士でも確かめる方法はないのだから。

何に対しても、感情があるかないかは人それぞれが好きなように決めていいってことなのだ。
道端の石に心があるって思ってもいいし、ぬいぐるみにあってもいい。
何か夢のある話だなぁ。




追記

虫が感情なさそうとか書いてますが、命の価値を選別するつもりはありません。すべての命は等しく平等だと私は思っています。あとドラえもん好きです。




参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
144位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。