スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

我々は騙されやすい

久々の更新になってしまった。サボり続けた後に登校するような気分だ。


さて今日は、我々の身近に存在する危険な物質について書きたい。

皆さんはジハイドロジェン・モノオキサイドという物質をご存知だろうか?
日本語では一酸化二水素ともいう。


このジハイドロジェン・モノオキサイドの危険性を以下に列挙する。

・酸性雨の主要な成分である

・ヤケドの原因となる

・地形を侵食によって変化させる

・電気事故の原因となり、自動車のブレーキの効果を低下させる

・物質の腐食を進行させ、さび付かせる

・生き物に大量に摂取させた場合、死に至らしめることができる

・気体の状態で火山ガスにも含まれる

など他にもいろいろあり過ぎて書ききれないほどだ。


皆さんにも、この物質の恐ろしさが分かって頂けたと思う。
こんな危険な物質が、あなたの身の回りに平然と存在していると言ったらどうだろう?
あなたは、こんな物質は規制するべきだと思うだろう。

実はジハイドロジェン・モノオキサイドを元素式で表すとH2O。水素と酸素の化合物。つまり水のことだ。

以上の話は、ただの水でも説明の仕方によっては、とても危険なもののように錯覚させることができるというジョークである。


参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
147位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。