スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【グリム童話】コルベスさま【猿蟹合戦類話】

むかしむかし、めんどりとおんどりが一緒に旅に出ようという話になった。
はつかねずみ4匹にひかせた素敵な馬車で二羽はそろって出発した。
旅の途中で猫に出会う。猫は言った。

「どこへ行くの?」

「ちょっとお出かけ。コルベスさまのお屋敷へ」

「わたしも一緒につれってって」

猫も旅に同行することになった。
さらに石うす、玉子、カモ、待ち針、縫い針も次々と仲間に加わる。
みんなは馬車に乗り込んで一緒に進む。

ところがコルベスさまのお屋敷に来てみると、コルベスさまは留守だった。
はつかねずみたちは馬車を納屋に入れ、
めんどりとおんどりは天井に登り、
ねこは暖炉の中にうずくまり、
カモはバケツに身を隠し、
玉子はタオルにくるまり、
待ち針はイスのクッションの中に、
縫い針は枕の中に入り、
石うすはドアの上に乗っかった。

そこへコルベスさまが帰ってきた。コルベスさまは暖まろうと暖炉の近くに行って火を起こそうとした。
すると猫が飛び出してきてコルベスさまの顔に灰を投げつけた。
コルベスさまは急いで洗面所に行き、顔を洗おうとすると、カモが顔に水をかけた。
コルベスさまが顔をふこうとすると、玉子が転がり出てきて割れて顔に張り付いた。
コルベスさまが落ち着こうとイスに腰掛けると、待ち針が尻に刺さった。
コルベスさまが腹を立ててベットに横たわると、縫い針が頭に刺さった。
怒り狂ったコルベスさまが家から飛び出そうと玄関まで走って行ったら、石うすが飛び降りてきて、
コルベスさまは押し潰されて死んでしまった。




暴力的な話である。日本のむかし話の『猿蟹合戦』から暴力描写だけを抽出したような感じだ。
『猿蟹合戦』では猿は殺されても仕方のない悪いやつとして描かれているのだが(それにしてもやりすぎだ)、このコルベスは一体なぜこんな目にあわされているのだろうか。
あまりの不条理さゆえに、後にグリム兄弟によって「コルベスさまはよっぽど悪い人だったに違いない」と加筆された。
それでも具体的にどんな悪事を働いていたのか不明のままだ。おんどりとめんどりは黙って傍観しているのもキモい。

これに酷似した話は日本の『猿蟹合戦』だけでなく、中国の少数民族のミャオ族に伝わる民話『ひよこの仇討ち』をはじめ、アジアやヨーロッパなど世界各地にあるようだ。
この手の話は、相手が悪ければ何をしても許されるのか、ということを私に考えさせる。
そういえば芥川龍之介の小説『猿蟹合戦』では、主犯の蟹は死刑、共犯のうすたちは無期懲役だった。

しかしコルベスってやっぱり偉い人なのかね。コルベスさまって呼ばれてるし。
あと時空を越えてユーラシア大陸各地に出没し、悪を滅ぼす正義の味方の石うすさん怖すぎ。マジ半端ねぇ。
ツッコミ所の多い話だな。



「コルベスさま」のアレンジ短編が載ってます。そのまんまかw


こちらもどうぞ。


<参考資料>
  

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<関連記事>
【グリム童話】トゥルーデおばさん【グレートマザー】

【グリム童話】子どもたちが屠殺ごっこをした話【削除された話】
関連記事




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 昔話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
149位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。