スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

邯鄲(かんたん)の夢

唐の玄宗皇帝の開元年間の頃(713年 - 741年)のお話。
当時の中国は平和と繁栄を謳歌していた。

道士の呂じいさんが旅の途中に邯鄲(かんたん)という街に立ち寄った。
道士とは中国の独自の宗教である道教の坊さんである。お札を使って魔物を退治したり中国の昔話ではけっこう活躍する。日本でいうと陰陽師のような存在。

この道士の呂じいさんが邯鄲の宿屋で一休みしていると、盧生(ろせい)という若者と同じ部屋になった。
盧生は自分の平凡な境遇をなげくので呂じいさんは
「五体満足で何も不足は無さそうなのに何をなげくんだ」
と諭したが、盧生は
「これではただ生きてるだけです。私は有名になって立派な暮らしがしたい」
と贅沢なことを言う。

ちょうど宿屋の主人は食事の準備をしているところだった。
呂じいさんは食事が出るまで昼寝でもしていなさいと若者に枕を貸してあげた。
盧生は薦められた通りに眠りについた。やがて目を覚ますと、彼はなぜか立派な家にいた。
盧生はこの家の美しい娘と結婚し、翌年には公務員試験に合格して官僚になった。
なんという超展開\(^o^)/

さらにトントン拍子で出世し、首都の長官をつとめ、外国との戦争では将軍として兵を率いて敵を討ち破る大活躍。盧生をたたえる記念碑まで建立される始末。
うらやましきチート人生(^o^)

ついには高位の大臣にまで昇りつめた。皇帝には気に入られて沢山の領地や褒美をもらい、子供にも恵まれ、盧生はとても幸福な生活を手に入れた。
しかし歳には勝てず、盧生は妻やたくさんの子供や孫に見守られながらその天寿を全うした。
人生に満足して安らかな眠りについたのだった。


誰かが自分を呼ぶ声が聞こえる。

「さあ、食事ができましたよ」

その声で盧生は目を覚ました。
目の前には自分と呂じいさんの二人分の食事が用意されている。
やっと盧生は今みていたのは夢だったことに気づいた。

「この世のことはみんなそんなもんさ」

呂じいさんはそう言って笑った。


沈既済の小説『枕中記』より


現世での栄枯盛衰は夢のようにはかないものであることを象徴するお話。
よくある夢オチはこの話が原型なのかも。映画のマトリックスもこんな話じゃなかったっけ?

もしかしたら俺たちが今いるこの世界は夢なのかも知れないし、コンピューター上で再現された虚構の世界かも知れない。
そうではないと証明することは不可能なのだから。
俺たちはみんな盧生なんだお。

そういや2ちゃんに主観的な感覚で2年間を夢の中で過ごしたって人がいたな…


盧生
昼寝する盧生


参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ついに中国ネタできましたか…

中国の公務員試験ってたぶん科挙ってやつですよね?
三段階ぐらいあって結局は皇帝に気に入られないかんかったはずです。
いやぁ則天武后やら武帝やら勉強してた自分がなつかしいです。

名前間違えた

おお…コメントしてくれるとは有難い…
返事が遅くてスマソ…

うむ…わしゃ小学生から中学生にかけては史記や三國志読んでて中国史が好きだったよ…
最近は西洋史ばっかりだけど…

そうそう…殿試とかあったのう…受験の頃を思い出すよ…
管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
137位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。