スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

【今昔物語集】炎に飛び込み、身を焼いたウサギ【天竺部】

「三の獣菩薩の道に行じ、兎身を焼ける語」(「今昔物語集」巻五・第十三)


仏の道を実践するため、善行を必死に積み修行に励む殊勝なサル、キツネ、ウサギの三匹の獣がおったそうな。
それを見た仏法の守護神たる帝釈天は大層感心したものの、しょせん獣のすることだしちょっと試させてもらうかなとか何とか考え、みすぼらしい老人に化けてドッキリを行うことにした。

180px-Shibamata_Taishakuten_2010_元日
東京都葛飾区の柴又帝釈天(Wikipediaより引用)


今にも飢え死にしそうな老人から食い物をねだられて三匹の獣は快く承諾した。
サルは木の実や野菜、穀物を調達し、キツネは墓からお供え物の飯や魚をパクってきた。
しかしウサギはまったくダメだった。野山を駆け回って人間や獰猛な獣に狩られそうになって這う這うの体で逃げ帰ってくる始末。

人の役に立てない己の無力さに苦しみぬいたウサギはある決意をする。

「サルさん、キツネさん。今日こそ美味しいものを持ってくるのでたき火の準備をお願いします」

そう言って二匹に火を起こさせたものの、手ぶらで帰ってきたウサギに二匹は失望した。

「火の準備させといて結局収穫なしとかまじありえねえwwww」
「マジ使えねえw」

二匹に責められるウサギだが、平然と

「僕の顔をお食べ\(^o^)/」

と言い放つや炎に身を投げて焼身自殺を遂げた。
ブラック企業の経営層や管理職の皆さんは、数字を上げれないからといってあんまり部下を追い込むとこんな風に会社で自殺しちゃうぞ☆


この凄惨な光景に驚いたのは老人に化けていた帝釈天である。
ちょっとしたいたずら心でドッキリを仕掛けたためにウサギを自死を決意させるまでに追い込んでしまった。

帝釈天は慌てて変身モードを解除して、ウサギをドラゴンボールで生き返して月に連れて行った。
己を犠牲にして他者に尽くさんとしたウサギを月のシンボルとして祭り上げたのだろう。
以来月にはウサギが住んでいるという言い伝えが残されたとさ。

Rabbit_in_the_moon_standing_by_pot.png
月の兎(Wikipediaより引用)



「神風特攻隊」を世界遺産に登録しようという動きがあるらしい。

日本の“神風特攻隊”の遺産申請、欧州メディアが「ユネスコの趣旨に反する」と疑問視―中国メディア (Record China) - Yahoo!ニュース

特攻隊の方々が本心はどんな思いで尊い命を散らしていかれたのかは分からない。
日本国民として特攻隊員に限らず、戦争で国に身命を捧げた方々には敬意を払わなければならないとは思う。
が、過度の賛美は「お前らもこうしろ」と強要するように私は感じる。

真に自発的に何かのために犠牲になることは尊いが、無様に生き抜くことだって大事なことだ。


〈参考資料〉

  
スポンサーサイト




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 昔話
ジャンル : 学問・文化・芸術

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
144位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。