スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

ギリシャ神話④ エリュシクトーン

今回は神の怒りに触れてしまったがために、決して癒されることのない飢餓に苦しんだ男の話。

テッサリアという国にエリュシクトーンという王様がいた。彼は神をも恐れない傲慢な人物だった。

ある日、彼は自分の屋敷を増築するために木材を調達しようとした。
調達先は大地と実りの女神デーメーテールの森。

なんと彼は女神デーメーテールが大切にしていた木を切り倒そうとしたのである。
いやマジで洒落にならんから止めろ。
しかし彼を止めようとした、神を畏れる信心深い人々を斧でぶっ殺して木は伐採された。

それを受けて激怒したデーメーテールが彼に与えた罰は飢えだった。

その日からエリュシクトーンはいくら食べ物を食べても空腹が満たされることは無くなってしまった。
とりあえず城の台所に行ってあるだけの食料を食う。それを食い尽くしてしまうと家来たちに命じて国中の食料を買占めさせる。

とうとうテッサリア王国から食べるものが無くなってしまった。食べれるものは王が全て食ってしまったからだ。

食べ物を求めて王は旅に出た。神を畏れて家来たちはみんな逃げてしまったので、お供は一人娘のムネーストラーだけだった。

だが食料を買う金が尽きた王は、金を得る為に娘を売っ払ってしまう。

ムネーストラーを売るエリュシクトーン
ムネーストラーを売るエリュシクトーン

それでも王の腹は満たされず、ついには自らの腕を食い、脚を食い、最後に残ったくちびるまで食って彼は消滅してしまった。
いや物理的におかしいだろそれ。


参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 神話
ジャンル : 学問・文化・芸術

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
102位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。