スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

アルマジロトカゲ

まるでRPGに出てくるドラゴンみたいなトカゲが南アフリカ共和国にいたよ^^

zjEg1FQc5GmirQ3CVT60.jpg

その名はアルマジロトカゲ。危険を感じると自分の尻尾をくわえてアルマジロみたいに丸まるんだ。

dragon.jpg

ポケモンに登場してもおかしくない面構え。恐竜好きだった俺も飼いたい…
そんな人が多いようで、アルマジロトカゲはペット目的の乱獲によって近年、生息数が激減してるらしい。
南アフリカでは国外への持ち出しに制限かけてるんだって。

画像見るだけで我慢するしかないのう…



参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト




にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

紙魚

今のアパートに住んで4年になるが未だゴキブリにはお目にかかっていない。私は虫が大の苦手で、虫がすみつかないように掃除には気をつかってきたからだと思う。

でも最近こんな虫が出た。

180px-Silberfischchen.jpg

調べてみるとこれは紙魚(シミ)という本を食べる虫らしい。
なんということだ。大量の蔵書を抱える私にとってこいつは天敵だ。大事な本に穴を空けられたらたまらない。
絶対に我が家から排除しなければ。

対策はこちらのサイトにさせてもらった。
紙魚対策

ダンボールと紙袋を捨てないといけないようだ。よし大掃除だ。
特大ごみ袋1袋分にもなったが処分完了。

次は本と服を日干しだと…両方とも多すぎて骨が折れそうだ。
晴れた日に一気にやってしまうか。とりあえず明日防虫剤と乾燥剤を買い込もう。


紙魚は本の紙をなめる程度だそうだが、バリバリ穴を空けまくる死番虫というもっとタチの悪い虫もいるようだ。
さすがにこれが出たら業者呼ぶわ。



参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

紙魚対策



にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ステラー海牛

1741年、ロシア帝国のアラスカ探検隊がその帰り道にカムチャツカ半島の東の沖で遭難した。

カムチャツカ半島の位置 地図中央に位置する南北に伸びる半島
地図中央に位置する南北に伸びた半島がカムチャツカ半島

極寒と飢餓によって半数以上の船員が命を落としたものの、10ヶ月におよぶ航海の末に探検隊は奇跡的に生還した。
彼ら遭難者を飢えから救ってくれたのは、北太平洋のベーリング海に生息していた大型のカイギュウである。
発見者の博物学者ゲオルク・ヴィルヘルム・シュテラーにちなんでこのカイギュウはステラー海牛と名付けられた。

Steller27s_Sea_Cow.jpg


ステラー海牛は温暖な海に棲むジュゴンやマナティの仲間なのだが、体を巨大化して脂肪を蓄えることで寒冷なベーリング海に適応していた。
体長は7メートルを超え、体重は5から12トンあったそうだ。
その肉は子牛に似た味と食感で非常に美味だったと伝えられている。
さらに皮は靴やベルト、ボートを波から守るカバーに利用され、ミルクは直接飲まれたり、バターに加工されたりした。
脂肪は甘いアーモンド・オイルのような味で、ランプの明かりにも使われた。
もしもステラー海牛がいなかったら遭難者たちは生きて還ることはできなかったかも知れない。

ステラーカイギュウの群れ。1902年の絵画
ステラー海牛の群れ(1902年の絵画)

探検隊の生還によってステラー海牛の存在は世界に知れ渡り、その肉や毛皮を求めて乱獲が始まった。

人間に対して何ら警戒心を持っていなかったステラー海牛を狩るのはとても簡単なことだった。
彼らは人間に対する有効な防御の方法を持たず、ただ海底にうずくまるだけだった。

ステラー海牛には仲間を助けようとする習性があった。傷ついた仲間がいると、何頭ものステラー海牛が集まってきて、仲間に刺さった銛やロープを解こうとした。そのために多くのステラー海牛が虐殺された。

1768年、イワン・ポポフという男による「まだ2、3頭残っていたので殺した」という報告を最後に、ステラー海牛は絶滅した。発見後わずか27年目の話である。

800px-Hydrodamalis.jpg
東海大学自然史博物館に展示されている全身骨格標本


参考資料

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史学・歴史理論へ
にほんブログ村

テーマ : 生物学、生態学
ジャンル : 学問・文化・芸術

管理人

げそ

Author:げそ
世界史好きな社会人4年生。更新滞っててすんません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめのもの
アフィです。
うっかり買ってしまったら悪徳管理人の懐が温かくなります。
注意してください。




塩野七生の新刊。


ビザンツ皇女の物語。児童文学だけど大人が読んでも読みごたえがあります。


ビザンツの女たちの様々な生き様。


ビザンツ初学者はまずこれを読んでみて。




地理的要因が世界史に与えた影響とは。




11世紀の北部ヨーロッパを舞台にしたヴァイキング漫画。個人的に今最も熱いです。


マケドニアの知将エウメネスが主人公の漫画。


真・女神転生シリーズ6作目。神話好きにおすすめ。
ブログの更新率
更新率の詳細
リンク
管理人の読書履歴
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
144位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。